リンクBLOG

Link blog

「ながらスマホ」はなぜ危険?

こんにちは!
リンクジャパンの岩下裕香です。

2019年12月1日から道路交通法が改正され、運転中にスマホや携帯電話等を使用する「ながらスマホ」の罰則が強化されるのをご存じですか?

★「ながらスマホ」に関連する改正のポイント★
〇罰則の適用
運転中の携帯電話等の使用によって交通事故を起こすなどの「交通の危険」を発生させた場合は、反則金は適用されず、すべて罰則(刑事処分。懲役や罰金がが科せられ、前科がつきます。)が適用されます

「ちょっとだけスマホを確認したい」という瞬間があるかもしれませんが、その一瞬で失うものが大きくなります。
「ながらスマホ」運転はやめましょう!

 

★「ながらスマホ」はなぜ危険?★
運転中にスマホや携帯電話、ナビ等の画面を注視すると、最低約2秒はかかるかと思います。
時速30kmで走行した場合、2秒間で約16.7m進みます。
これは、乗用車約3台分の長さです。

急に子どもが飛び出してきたら?
急に前の車が車線変更したら?

たった2秒間ですが、目を離している間に車はどんどん先へ進んでいってしまいます。

事故につながる可能性が極めて高く、「ながらスマホ」運転は危険ですので絶対にやめましょう!

 

※参考ページ
警察庁Webサイト「やめよう!運転中のスマートフォン・携帯電話等使用」
https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/keitai/info.html


コメント